SBI証券のサポートが優れていると感じたこと

私はまだ運用の経験があまり長くないですが、
証券会社を利用していて感じたことについて書きたいと思います。

FXで為替の取引がしたくて、入金先に急いでお金を入れたときのお話です。

数十万円を自分の口座からSBI証券の口座に移したのですが、
なかなか反映されずにこういうモノなのかなと思っていたところ、知らない番号から携帯の方に連絡があり出てみるとSBI証券からでした。

電話の内容は、「本日入金された口座番号が誤っている」とのご連絡でした。別のところに誤って入金してしまったなんて信じられませんでしたが、心配は無用とのことですぐに自分の指定証券口座に移していただけるとのご連絡でした。
こんな不手際にもかかわらず、あっさりとスピーディーに対応してくれてとても助かりました。

私はUFJ銀行を利用しているのですが、UFJダイレクトからインターネットで振込が可能であることを教えていただき、入金に関して銀行ATMに行かなくてもスムーズに対応できるようになりました。

安心して取引が出来る環境であることが投資家にとって大事なことであることを感じた一件でした。
スプレッドがどうだと言うのも大事ですが、サポートがしっかりされている証券会社を利用されることが長い目でみると良いかもしれませんね。

株初心者にとってリスクが少ないデイトレード

デイトレード

かれこれ4年間、デイトレードを中心とした短期間の株式投資で収入を得ています。
私の場合は株式はおろか、経済についての勉強も十分に行わないままこの世界に飛び込みました。当初は円安や円高が相場にもたらす影響についてもよくわかっていませんでした(笑)。

デイトレードの魅力は、そんな私でも株価の動きが目に見え、わかりやすいこと。
プロでも予測が難しい世界なのですから、初心者が数か月先の株価を予想して当て続けることなどまず不可能です。
ですので、日経平均株価の影響で損得をすることがなく、その日・その瞬間に騰がっている銘柄を選択でき、しかも値動きの流れや仕組みを実体験から学べるデイトレードが初心者の方にはおすすめです。

銘柄の探し方も簡単かつ単純なのがデイトレード。
証券会社から無料で配信されているアプリ・ツールを利用して、日中値上がり率上位銘柄から物色します。勢いを持って上がり続けている銘柄を選択すれば、一定の時期までは流れに乗って大きな利益を手にすることも容易です。

この際に注意すべきなのは、一度大きく上がった銘柄が下がり始めた場合には手を出さないことです。

一度買おうと思ったけれど躊躇して止めた値よりも下がった場合、お買い得感があり反発を期待して買いたくなるものですが、大きく上がった銘柄は下がる時の勢いも強く、空売りも入ることから信じられないほどの下落が続くケースが多いです。
こうなった場合には潔く諦めを付けて損切りし、気持ちを切り替えて次の銘柄を探すことが大切です。