SBI証券最大の強みは評判のいいPTS取引

私はSBI証券と松井証券の2社の口座を使って株式取引していますが、メインはSBI証券にしています。
メリットは色々ありますが、何と言っても最大のポイントは、PTSでの取引が出来る事です。

PTSとは通常の東証の取引時間である9:00~11:30・12:30~15:00以外の、朝や夜間での株式取引なのですが、これが出来るのは現在SBI証券だけなのです。(※以前は楽天証券等もされていた様ですが…)

最も利が乗って効果的なのが、昼間の東証での取引で高騰した銘柄を買っておいて、PTSで売却するやり方ですね。
昼間の取引で高値で引ければ、その情報を知った昼間の取引が出来ない・出来なかった方が、夜間のPTSで買いに来ます。
特にストップ高で引けていれば、夜間はかなり値上がりして取引されるので、日を跨ぐ事なく結構大きい利益が得られます。

逆に自分が昼間買い逃した銘柄をどうしても欲しい時に、ちょっと高いのを我慢さえすれば買ってしまえます。
これは「2、3日連続ストップ高になるんじゃないかな」と予想してPTSで買い、案の定翌日も寄らずストップ高だった場合の嬉しさは格別です(笑)

手数料の安さや貸株制度の簡易さ、取引ツールのHYPER SBIが使い易いし情報量が多い等他にもトレーダーにとっては魅力は多くありますが、何と言ってもPTSが最大の武器ですね。

SBI証券のPTS取引については下記サイトで詳しく解説されています。
参考:SBI証券の口コミまとめ