急激な株価変動には逆指値で対策

kyuu

デイトレードで複数の銘柄を動かしていると、
市場で取引が行われている時間帯はトイレに行くことすらできませんよね。
「少し目を離した隙に株価が動くかも知れない」
そう思ってモニターを必死に監視している人も少なくないでしょう。

しかし、ちょっと注文方法を工夫すればモニターから離れても大丈夫!
極端に言えば値動きを全く監視してなくても、株価の急騰や急落に備えてくれる注文方法があるのです。
それが逆指値を使った注文方法。

この逆指値を使って注文しておけば、あらかじめ保有銘柄が急落したときのリスクに備えた売りポイントと、
監視銘柄が急騰したときに乗り遅れないための買いポイントが設定できます。

例えば株価1000円の銘柄を保有していたとして、
「もし900円まで下がったら損切りしたい」という場合、逆指値の売り注文を900円に設定しておきます。
こうすることで値動きを監視していなくても、保有する株の損失を最小限に留めることができます。

反対に900円から1000円の間を推移するレンジ相場の銘柄を監視していて、
「1000円を超えたら上昇相場に変わる」と思ったら、逆指値の買い注文を1000円に設定しておきます。
この場合は株価が新しいトレンドに入ったときにタイミングを逃さず買う事ができます。

ついつい株価チェックを怠ってしまう人や、仕事などで値動きが監視できないひとにはお勧めの方法です。

参考:SBI証券の逆指値注文